わきがは病気ではなく、体質的なものと捉えることができます。

多汗症とワキガのちがいとして、原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)となる汗を分泌している汗腺の種類が異なるという大きなちがいがあります。

エクリン汗腺はほぼ体全体に約230万個あるといわれ、日常的に汗を分泌しています。

またこの汗自体に臭いはないのですが、皮脂腺から出る皮脂を取り込向ことで、いわゆる汗くささの原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)となります。

ボトックス療法とは、体内にボトックスを注入することで、エクリン腺からの発汗を一時的に抑える治療法をいいます。

比較的症状の軽いわきがの方や、多汗症の治療法としても用いられることがある方法です。

肉類などのたんぱく質の摂取量を抑えることで、臭いと汗の両面からの予防につなげることができます。

人にはきけないワキガの治療方法としては内的な治療と外的な治療の大聞く分けて多々通りの治療方法があります。

汗をかいたまま放置しておくことは殺菌の繁殖を招き、わきがの臭いに影響します。

ですので、毎日のお風呂を欠かさず、特にわきの下は、石鹸をスポンジなどを用いて十分泡立てしっかり洗いたいですね。

皮脂腺は全身の皮膚に分布する腺組織で、皮脂腺からは汗ではなく油脂成分が分泌されます。

皮脂腺から分泌される脂肪分は細菌が増殖する原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)となり、臭いの発生に繋がるといわれています多汗症を病院で治療する場合、何科を受診し治療したらいいのかわからないかも知れないでしょう。

病院に足を運び多汗症を治療する場合について、少し御紹介したいと思います。

発汗レベル2手掌多汗症レベル1と比較すると、掌(てのひら)からの発汗がはっきりと確認でき、水滴ができているレベル。

多汗症レベルとしては中度とされているが、症状による弊害は意外と多い。

掌(てのひら)が濡れてしまうので、手作業などを伴うしごと等に不安を感じる人も多く、精神的なストレスや不安などを招いてしまうケースがほとんど通常であれば、掌に汗をかく時は精神的に移動した際(例えば、緊張や興奮、不安時など)に少なからず汗をかくことと思いますが、特にそういった精神的な移動を感じない場合でも、手掌多汗症の場合はじっとりと汗をかいてしまいます。

ストレスや疲れにより一時的に汗の量が多く排出する時期もありますので、あまり神経質になることはありないでしょう。

ただ知っておきたいこととして、消臭効果のある制汗剤を使用するときには、無香タイプのものを選んだ方が良いそうです。

臭いを匂いで消そうとすることで、悪臭になる場合があるからです。

ですので、無香タイプの制汗剤を選ぶようにした方が良いですね。

さらに、カウンセリングを行うことで、精神的な面から治療します。

これにより多汗症が改善にむかう場合もあるそうです。

また、手掌多汗症もふくめ、多汗症の症状はコンプレックス(元々は精神分析用語なのですが、一般的には劣等感という意味で使われることが多いでしょう)によって、対人関係、しごと面への不安などが生まれそれが発汗の原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)にもなります。

適度な運動は健康的な生活の基本ですので、他にもさまざまなプラス効果をもたらすでしょう。

臭いには数多くの種類があります。

代表的なものが、お手洗いでしょう。

デリケートゾーン 肌に優しい石けん