愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律案が可決されました。

2008年6月11日に愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律案が可決されました。

スーパーで売っているドッグフードをあげればいいと、安易に考えてしまいやすいのですが、値段の安さだけで選んでしまうのは危険ですアーテミスのドッグフードの特性はいろいろありますが、まず人間が食べても問題の無い(ヒューマングレード)レベルの材料を使用していることです。

毎日愛犬に与えるドッグフードですから、非常に大切なことです。ドッグフードを扱っている通販の雑誌なども、ここのところ徐々に増えてきました。サイエンス・ダイエットには愛犬のライフステージや健康状態に応じていろいろな製品が用意されています。

パピー、アダルト、ライト、シニア、シニアプラス、インドアドッグ、毛艶も健康、おなかも健康、歯も健康、トリーツ、ネイチャーズベストなどの製品があるんです。

ただ、なぜ手作りドッグフードが敬遠されていたかというと、やはり手間がかかる、と言う事に他なりません。たちが悪いのは、そのような添加物には、犬が好んで食べたがるよう、香料などで味付けを調整してあることです。

ドッグフードは研究を重ねて作られており、栄養バランスに優れたもの、病状に合わせたものなどいろいろな商品が出ています。ペットはご飯をくれる人に一番なついてしまうものです。

それに一食一食を完全なバランスであげるのではなく、一週間単位でバランスがとれていればそれでオーケーです。
ドッグフードにも実に多数の種類がありますが、大まかに分けると、ペットフードは、プレミアムフードとエコノミーフードに二分されます。アーテ間違いのドッグフードは原材料や添加物が厳しく管理されていて、AAFCO(米国飼料検査官協会)、USDA(米国農務省)、FDA(米国医薬品局)といったアメリカの3つの政府機関の検査に合格しています。ホームセンターやペットショップなどでドッグフードをまとめて買ったりしたら運ぶのに意外に重くて大変です。

品質が悪い原材料をカバーするために色々な添加物を入れざるをえません。食べつづけていると必ず病気になるといっても過言ではない成分で造られているのです。

ドッグフードを扱っている通販の雑誌なども、ここのところ徐々に増えてきました。

国産ドッグフード